杉スリットmade by 南小国杉

杉スリットmade by 南小国杉

250年の歴史が育てた、小国町自慢の杉の木

九州の中央、阿蘇山の裾野に広がる熊本県小国町。
250年前から「小国杉」を幾世代もの人々が育ててきた林業の町です。

小国町の林業は、江戸時代、細川藩から各戸に25本ずつ苗木が渡されたことに始まります。

国内でも長い歴史を持つ林業地であり、立派な古い木がたくさんそびえ立っています。

恵まれた地域条件が生み出す高い品質

小国町は山間高冷地帯のため、九州でありながら、夏は涼しく、冬はマイナス10℃の厳しい寒さが訪れます。
この寒暖の差が、木目の詰まった、比重の高い丈夫な小国杉をじっくり育ててくれます。
また山の傾斜がなだらかで高低差が少ないため、木の性質が揃いやすく、使いやすい木材に仕上がります。

杉の香りや手触りで免疫力がアップ

平成16年11月、小国中学校で行われた九州大学芸術工学研究院の調査で、杉材の香りや手触りが、体内の免疫物質を活発化させることが明らかになりました。また、小国杉を使用することで風邪などをひきにくくなるなど、健康面での効果も期待されています。

(小国町森林組合HPより抜粋)